*

みかんの皮は漢方薬!青みかんは花粉症に効く!!「陳皮」(ちんぴ):当店商品「不眠改善」に含まれています

51141289263824879

5271572320110817150750095_640201210250310427654

ウンシュウミカンの成熟した果皮を乾燥させたもの。中国ではポンカンや近縁種が用いられています。未成熟な果皮を青皮と呼び、陳皮と使い分けられます。胃の調子を整える効果、風邪の予防、咳を沈める作用があります。食欲不振や嘔吐、痛みの改善、などに用いられています。みかんの皮を乾燥させればいいので日本でもお手軽に入手できますね。風味も良いので七味唐辛子などにも入っています。お味噌汁の出汁に陳皮を入れるととても良い香りで、味もほのかに甘く、おいしくなりますのでおすすめです。ただし、できれば無農薬や自然農法、家庭で栽培したものを使いたいものです。ちなみに実が熟していない青いみかんの皮には強い抗アレルギー成分が含まれ、花粉症、アトピー、気管支炎の症状を和らげるという研究結果が出ているそうです。

☆当店の足湯用漢方「不眠改善」(クリックでリンクに飛びます)にもこの陳皮が含まれています。

送料無料 ブルーヘスペロンキンダイ 青みかん 花粉症 アレルギー / 2個セット キンダイ
大木製薬(株) ヘスペロン・アルファ ドリンク 50ml×10本入り(4987030196230)

, , , ,

関連記事

photo1

実は木の皮が原料。「杜仲茶」の「杜仲」は漢方薬です!:当店商品「チベット」に含まれています

トチュウ科トチュウの樹皮。 杜仲茶で有名ですがれっきとした漢方なんです。  

記事を読む

肉ジュヨウ

美肌をつくる肉蓯蓉 (にくじゅよう):当店商品「チベット」に含まれています

これは加工したもの↑ ↑こんなカタチで生息。つくしんぼみたいですね。 ハマウツボ科ホンオ

記事を読む

タンジン

実は丹参(たんじん)=セージなんです!!:当店商品「チベット」に含まれています

丹参(たんじん)はシソ科の植物で根の部分を漢方薬に用います。西洋名は「セージ」。肉料理と一緒

記事を読む

麦門冬

ユンケルにも入っている漢方薬、麦門冬(ばくもんどう)の実力:当店商品「チベット」に含まれています

麦門冬はユリ科のジャノヒゲの根の膨大部。中国の四川省などで算出されています。 韓国産はヤブ

記事を読む

20130710172307794

ダイエットで人気爆発の漢方「黃芪」(おうぎ):当店商品「不眠改善」に含まれています

 黃芪(オウギ)はマメ科のキバナオウギまたはナイモウオウギの根。滋養強壮、利尿作用などに効果があり、

記事を読む

A058045

八坂神社の大晦日行事で有名な「白朮」(びゃくじゅつ):当店商品「不眠改善」に含まれています

      オオバナオケラの根茎。若芽は食用になるのだとか。日本での通称

記事を読む

クコ実

杏仁豆腐の上のアレ!漢方だった「枸杞子」:当店商品「チベット」に含まれています

ナス科クコの成熟した果実。 中華料理屋さんでデザートの杏仁豆腐の上に赤い実が載っているの、

記事を読む

yjimage

なんとシワに効果が!「党参」(とうじん):当店商品「不眠改善」に含まれています

  なかなか聞きなれない漢方の党参(とうじん)。党参はキキョウ科ツルニンジン

記事を読む

herbspic2_11225928_std

当店使用の漢方

当店が足湯に使用している漢方薬をわかりやすい一覧表にしました。(編集中) どんな効能があるものが入

記事を読む

ハ・リサニ

アンチエイジングの生薬!!「熟地黄」(じゅくぢおう):当店商品「チベット」に含まれています

ゴマノハグサ科アカヤジオウ、シロヤジオウなどの根。漢方薬の状態となった根っこの部分からは想

記事を読む

IMG_2480
柑橘の皮を煮出して足湯をしてみた結果!!

こんにちは。この間、グレープフルーツみたいな柑橘の一種の「ポメロー」と

yjimage
なんとシワに効果が!「党参」(とうじん):当店商品「不眠改善」に含まれています

  なかなか聞きなれない漢方の党参(とうじん)

51141289263824879
みかんの皮は漢方薬!青みかんは花粉症に効く!!「陳皮」(ちんぴ):当店商品「不眠改善」に含まれています

ウンシュウミカンの成熟した果皮を乾燥させたもの。中国ではポンカ

A058045
八坂神社の大晦日行事で有名な「白朮」(びゃくじゅつ):当店商品「不眠改善」に含まれています

      オオバナオケラの根茎。若芽は食

チベット
当店商品について

当店の漢方足湯の処方は3種類、カラダの症状にあわせてお使い下さい。

→もっと見る

PAGE TOP ↑